top of page

ヘッドライトレンズ内側の曇りでお悩みの方必見!レンズ内側クリーニング・DIYでのNG・やり方・工賃を徹底解説!

間違ったやり方で失敗しない為にも

この記事を必ず読んでください!

DIYで殻割りしようとしている方

ちょっと待った!!

ちょっと待った_edited.png

最新記事

内側クリーニング
PXL_20220225_231603209.PORTRAIT.jpg

ヘッドライトレンズ交換でお悩みの方必見!おすすめの保護方法・DIYのやり方・工賃…

注目の記事

ヘッドライト内部が結露している原因と修理方法を専門店が徹底解説!!!

S__2572341.jpg

ヘッドライト内側クリーニング・研磨

PXL_20230718_073159031.jpg

中古ヘッドライトや経年劣化でレンズ内側のくすみ、汚れ、結露による水滴シミが蓄積し、劣化した結露防止剤が汚れと結合して、内側のレンズはタオル等で拭いても簡単に拭き取る事は不可能でレンズ内側を完全に研磨し、スチームクリーニングを施します。

Before

After

PXL_20230731_082200996.PORTRAIT.jpg

結露防止剤が残っている場合、その部分だけ劣化した状態のままで透明度にムラが出てきてしまいます。

​ヘッドライトレンズ内側の研磨は、レンズ外側と研磨方法が特殊になりますでの知識、技術がないまま行ってしまうと二度と使えないレンズになってしまいますので適切な作業工程が必須になります。

DIY

DIYでのやり方は絶対にNG

PXL_20230821_032719150_edited.jpg
NG.png

現在では、WEBでDIYのやり方が事細かく記載されており、 DIYで施工される方が増えてきています。

ですが、WEB上には正しくない施工方法も記載しており、失敗してヘッドライトを再度購入している方や、しっかりと密閉されていなく結露してしまうケースも多く見受けられます。失敗した場合は、業者に依頼するとDIYで通常とは違う依頼になってしまうので別料金がかかってしまったりします。

失敗

失敗した時のデメリットの方が大きい

熱分解によるヘッドライトの殻割りでは、レンズやユニットに無理な力をかけ過ぎたための割れ、加熱しすぎによる融解がよくある失敗例です。

ダンボール等の中に入れて温める方法も、温める場所以外にも高温になるためその部分が溶け出すことも少なくありません。

レンズ自体が割れてしまった場合、もともとのレンズは使用できなくなるため、ヘッドライト本体ごと新品交換、もしくは中古品を探して交換しなければいけなくなります。新品ヘッドライトを購入したりと失敗すると通常に依頼するよりも出費が増えてしまいます。

レンズ、ハウジングの単品での販売は、基本的には行われていません。

特に、経年劣化によりレンズに細かな傷が無数にできた状態のヘッドライトは割れる可能性が高いので注意しましょう

殻割り価格

殻割り・レンズ内側クリーニングセット工賃

保証

12ヶ月防水保証の専門店に依頼

スクリーンショット 2023-08-29 14.26_edited.jpg

他店ではヘッドライト殻割り、殻閉じには基本的に保証が付かないケースが多く、せっかく施工したのに再結露、水が混入する事になった時、保証がないため再施工が効かなくそのまま使う羽目になる事も少なくありません。RISH独自の高い防水処理を施し皆様に施工後も安心してお使いになっていただくために、殻割り、殻閉じをしたヘッドライトに12ヶ月防水保証をお付けして施工致します。施工後、殻割りした部分からの水の侵入が確認できる場合、再施工させていただきますので保証書は大切に保管してください。

ヘッドライトの殻割りは職人でも難易度の高い作業です

そのため、D.I.Y.を楽しみたい方ならともかく、ドレスアップ自体が目的の場合は施工店に依頼するのがおすすめです。施工できる施工店は限られますが、確実な作業の上、防水保証付きサービスを備えている施工店がおすすめです。

ただし、超音波カッターのヘッドライトの分解は、作業の特殊性のため、要問い合わせくださいませ。

詳しくは下記のお問い合わせ窓口まで。

店舗情報

スクリーンショット 2024-05-01 14.07.41.png
問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

営業時間 :  10:00~20:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームご入力後、ご送信くださいませ。内容をご確認次第ご連絡させていただきます。

bottom of page