top of page

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様


ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様


東京都よりポルシェ 991 カレラ GT3

"ヘッドライトレンズ交換" 施工


★施工内容★

【ポルシェ ヘッドライトレンズ交換】


・ヘッドライトレンズ交換

・ヘッドライト殻割り

・レンズ内側クリーニング









[ヘッドライトレンズ交換]

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様

ヘッドライト交換作業には”ヘッドライト殻割り”作業が必須になります。殻割りとは、レンズ、インナーパーツ、本体ユニットの3層構造になっているヘッドライトを分解する作業のことで、内部結露のクリーニング時、カスタムに必要とされる作業になります。ヘッドライトレンズ表面の黄ばみ、ヘッドライト内側の曇り、結露による結露跡によって経年劣化したヘッドライトレンズを交換します。ヘッドライト本体を一式交換する費用が何十万円かかるよりレンズ交換ができる車種はレンズ交換での殻割り作業の方が費用は格段に抑えられます。また、基本的にディーラーではヘッドライトレンズのみの販売は行っておらず、ヘッドライトレンズを社外で仕入れレンズ交換を行います。




[なぜレンズ交換をするのか]

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様

中古ヘッドライトや経年劣化でレンズ外側、内側のくすみ、汚れ、結露による水滴シミが蓄積し、レンズ外側内側に著しく劣化が現れます。特に外側のレンズ表面に傷のようなキラキラと光る部分が出てくると思います。それを「クラック」といい、レンズ表面に小さなひび割れが無数に発生する現象になります。これは国産車、輸入車のどちらのヘッドライトでも起こる現象にはなりますが、輸入車の場合はクラックの除去がリペアで再生可能ですが国産車のクラックはリペアでも再生することができないためリペアご依頼の際は、残ってしまうクラックがある事を前提にリペア施工をしています。そこでご提案するのが「ヘッドライトレンズ交換」。国産車のヘッドライトレンズは全車種ではありませんが少なからず社外品でレンズのみ販売している車種もありその場合はそちらのご提案をいたします。また、事故でヘッドライトレンズが破損、欠けてしまった場合もレンズ交換の方が新品ヘッドライト本体何十万より車種にもよりますが5分の1の施工費用で可能ですのでレンズ交換でリペアできるヘッドライトはレンズ交換でコストを削減できます。




[ヘッドライトレンズ交換のメリット]

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様

ヘッドライトレンズ交換​するにあたりメリット・デメリットがございます。


メリット①:新品ヘッドライトを購入せずに低コストでリペア可能

レンズのみ販売されている車種の場合は、何十万もする新品ヘッドライト本体を購入せずにかなりの低コストでリペアが可能になります。上記でもお話はしましたが国産車のクラックの除去が完全にはできないのでレンズ交換でのリペアがおすすめになります。


メリット②:新品同様のヘッドライトに復元

新品ヘッドライト本体を交換せずにレンズ交換でヘッドライトを新品同様にリペア施工致します。レンズ外側のクラックだけでなく内側の結露跡等の汚れもなくなりますので見た目も新品と遜色ない仕上がりになります。




[ヘッドライトレンズ交換のデメリット]

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様

デメリット:①社外レンズの品質のばらつき

レンズ単体は基本的には社外品になり特に中国製が多く出回っております。今までの経験上、社外のレンズ形状が微妙に違っていたりとレンズ側にはめ込むインナー部分のネジのちりが合っていなかったりと社外なだけに品質にばらつきがある。弊社では社外レンズの特性を熟知しているためレンズ交換の際は加工してからの取付を行っております。


デメリット:②社外品レンズのハードコートの強度不足

一番の懸念点になるのは通常ヘッドライト表面にはハードコートといわれるポリカーボネートを保護するクリア塗装の様な層が存在します。輸入車はこれがしっかりと厚さ、頑丈さがありヘッドライト表面を保護しております。社外ヘッドライトはこのハードコートが簡単に剥がれ落ちてしまうのと無い場合もあります。ある場合でも一年ほどで駐車環境にもよりますがレンズ表面が黄ばみ始めてクラックと言われる傷みたいな現象が起こってしまいます。レンズ交換してもクラックを防止するためにご提案するのが「PPF(プロテクションフィルム)施工」。ヘッドライトレンズ表面に透明で分厚いフィルムを貼ることにより紫外線からのレンズの劣化を防ぎ社外レンズを純正以上の強度でリペア致します。




[ヘッドライトレンズ交換のやり方]

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様


【1】車体からヘッドライトを外す

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様

ヘッドライトレンズ交換作業の前に車体からヘッドライト脱着作業を行います。基本的にヘッドライトを外す場合はフロントバンパーを外してからヘッドライトを外す工程になります。ポルシェに関しては、カレラ、ケイマン、ボクスター、パナメーラ、マカン、カイエンはフロントバンパーを外さなくてもヘッドライトのみが外れる仕様になっていますが、例外もあります。2018モデル991GT3の後期からはフロントバンパーを外さないとヘッドライトが外れない仕様変更がなされています。



【2】ヘッドライト殻割りの準備

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様

ヘッドライト周辺のゴムモールを外しヘッドライト殻割り超音波カットの準備を行っていきます。ポルシェのヘッドライト殻割りは非熱分解になりますので超音波でレンズをカットしていきます。



【3】超音波カットでレンズの殻割り

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様

最近の自動車のヘッドライトには、熱分解ではなく、非熱分解で製造されているものも多く、ゴムや溶着といった熱では分解できない構造になっています。その様なヘッドライトはヒートガンを用いても殻割りできない為、超音波カッターでレンズとユニット本体を分離していく作業になります。

単純に切るのではなく、殻を閉じる事も考慮してカットしていくため、断面を均一にカットすることが必須になります​。



【4】社外レンズを加工、研磨

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様

今までの経験上、社外のレンズ形状が微妙に違っていたりとレンズ側にはめ込むインナー部分のネジ等のちりが合っていなかったりと社外なだけに品質にばらつきがある可能性があります。ポルシェ991のヘッドライトレンズはレンズ形状の品質が精度が高いため純正と比較してもわからないほどの仕上がりになります。また、社外新品レンズ内側には結露防止剤が塗布されているのでレンズ交換の際はレンズ内側研磨も一緒に施工された方がレンズ内側の結露による液ダレ等が起こらないので予防対策になります。



【5】社外レンズをユニット本体に殻閉じ

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様

熱分解での殻割りのヘッドライトの場合は純正ライトに使用している同じシーリング材を用いて、防水処理を行っていきます。シリコンコーキング等を使用して殻閉じを行っている方法を拝見しますが、二度と開けられないヘッドライトになってしまう為、使用は絶対にNGです。​

純正シーリング材ですと、熱分解で再度開ける事も可能で、シーリング材の再利用も可能になりますので、殻閉じの際は必ず、純正シーリング材を使用し、密閉性を高め防水処理を行っていきます。

純正が溶着や接着剤シリコンコーキングを使って殻閉じされている場合のみシリコンコーキング剤での殻閉じを行っていきます。





[DIYと専門店の大きな違い]

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様

現在では、WEBでDIYのやり方が事細かく記載されており、 DIYで施工される方が増えてきています。ですが、WEB上には正しくない施工方法も記載しており、失敗してヘッドライトを再度購入している方や、しっかりと密閉されていなく結露してしまうケースも多く見受けられます。失敗した場合は、業者に依頼するとDIYで通常とは違う依頼になってしまうので別料金がかかってしまったりします。熱分解によるヘッドライトの殻割りでは、レンズやユニットに無理な力をかけ過ぎたための割れ、加熱しすぎによる融解がよくある失敗例です。ダンボール等の中に入れて温める方法も、温める場所以外にも高温になるためその部分が溶け出すことも少なくありません。レンズ自体が割れてしまった場合、もともとのレンズは使用できなくなるため、ヘッドライト本体ごと新品交換、もしくは中古品を探して交換しなければいけなくなります。新品ヘッドライトを購入したりと失敗すると通常に依頼するよりも出費が増えてしまいます。レンズ、ハウジングの単品での販売は、基本的には行われていません。特に、経年劣化によりレンズに細かな傷が無数にできた状態のヘッドライトは割れる可能性が高いので注意しましょうヘッドライト殻割りが出来る業者は日本全国をみても数が少なく、さらにその中から殻割りを専門に行っている業者は片手で数えれるくらいしかいません。殻割りが出来る業者は基本的には、LED加工のために殻割りを行ったり、インナー塗装を行うためだったりとメインとなるのがヘッドライトの中の作業になるので殻割りのみで引き受けてくれる業者があまりいないのが現状です。ヘッドライト殻割りには熱分解と非熱分解で殻割りできるヘッドライトがあるので超音波カットができない業者もいるためさらに殻割りできる業者は少なくなります。本来殻割りできないヘッドライトを超音波カットするのでその後の防水処理が不適切に行われるとヘッドライト内部で水漏れの原因になります。ヘッドライト殻割り後にアフターフォローのある業者選びが重要になってきます。アフターフォローとは防水保証期間が付随している殻割り業者の選定が施工後も安心してお車をお乗りできるおすすめの業者選びになります。





[施工後でも安心【防水5年保証】]

ポルシェ 991 カレラ GT3 ヘッドライトレンズ交換/ヘッドライト殻割り/レンズ内側クリーニング/東京都F様

他店ではヘッドライト殻割り、殻閉じには基本的に保証が付かないケースが多く、せっかく施工したのに再結露、水が混入する事になった時、保証がないため再施工が効かなくそのまま使う羽目になる事も少なくありません。RISH独自の高い防水処理を施し皆様に施工後も安心してお使いになっていただくために、殻割り、殻閉じをしたヘッドライトに最大5年防水保証をお付けして施工致します。施工後、殻割りした部分からの水の侵入が確認できる場合、再施工させていただきますので保証書は大切に保管してください。

ヘッドライトの殻割りは職人でも難易度の高い作業です

そのため、D.I.Y.を楽しみたい方ならともかく、ドレスアップ自体が目的の場合は施工店に依頼するのがおすすめです。施工できる施工店は限られますが、確実な作業の上、防水保証付きサービスを備えている施工店がおすすめです。

ただし、超音波カッターのヘッドライトの分解は、作業の特殊性のため、要問い合わせくださいませ。

詳しくは下記のお問い合わせ窓口まで。




=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


 custom repair RISH(カスタムリペアリッシュ)

 〒194-0038

    東京都町田市根岸2-16-13 1F

 営業時間 10:00~20:00

 TEL: 042-860-0221


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

留言


お電話でのお問い合わせ

営業時間 :  10:00~18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームご入力後、ご送信くださいませ。内容をご確認次第ご連絡させていただきます。

bottom of page